< 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  次へ > 

JUDOが結ぶ世界平和

山本信明

 国際交流基金及び講道館の派遣により柔道を普及するということで、1970年のポルトガルを皮切りに五大陸、数十カ国にわたり指導を行ってきました。
 柔道着も畳も充分とは言えず、その国で作られた空手着ようの薄いものや、体操用のマットを使用して指導してきました。そんな中でも選手たちは正しく柔道を学び、順調に育ち、恵まれぬ条件の中でもオリンピックや各種国際大会において活躍する選手を多数育てて参りました。そして若い人たちに大いに夢と希望を与え、その普及、発展は目を見張るものがありました。
 特に1984年のロスオリンピックにおいて、怪我をした山下選手の足を敢えて攻めず正々堂々と戦い銀メダルを獲得し、後に特別フェアプレイ賞を得たエジプトのラシュワン選手と山下選手との決勝戦での戦いは、感動の名勝負として今も多くの人々に語り継がれています。

 世界中で開催されている国際大会へ出場のために柔道着一式、参加費、飛行機等の交通費をはじめ、それに付随する諸経費を含めて支援を行っています。その他にも現地では調達できない什器備品や稽古場に敷く畳も日本から現地へ送っています。それらの年間費用は多額にのぼります。

 アラブの春の勃発後、支援をしていた国情が激変しました。特にエジプトは革命後の情勢が悪化し、混迷が続いています。そのような状況下ですので練習施設の確保もままならない状態が続いています。
 それでも『柔道』という絆で結ばれている彼らは、時には銃弾を避けながら稽古に励んでいます。
 経済が混迷を続けている状況下で、国からスポーツ選手に充てられる資金は減少の一途を辿り、彼らは国際大会への出場は困窮を極めています。
 柔道、スポーツに国境は存在しません。また人種差別も存在しません。いまや『JUDO』として世界中の人気スポーツとなっております。世界平和はスポーツから、という信念のもとに、これまでは賛同者の方々からのご支援のおかげでなんとかサポートしておりますが、選手たちを取り巻く環境は困窮を増すばかりです。

 柔道で紡いできた絆は、現役を引退した選手たちとも固く結ばれていて、良好な国際関係の一助となっております。各国への支援は日本で生まれた柔道が潤滑油となり、紛争のない平和の礎となると信じて今後も継続していきます。

 ご賛同を頂きました寄付金は、世界各国の団体、選手へ送金させて頂きます。緊迫した政治状況の中、柔道やスポーツ全般に夢をかける選手たちのため、それが世界平和の礎になると信じています。皆様からの温かいご支援のほどを何卒宜しくお願い申し上げます。


   この方を支援する




「津波警告フラッグ」オレンジフラッグが出たらすぐ逃げろ!

特定非営利活動法人スポーツキッズアジア

東日本大震災当時、海にいた人に話を聞くと、防災無線は聞こえなかったそうです。

東日本大震災に関するボランティア活動が今でも各地で行われていますが、
忘れてはいけない教訓として、これからは万全な備えを行っていくことが重要視されています。
津波自体を防ぐことは出来ませんが、防災に対する準備は必要なことです。

写真は、宮崎の観光地、青島入口にある「渚の交番」に常駐してある、
“津波だぁ、逃げろ!”の合図、オレンジフラッグです。

海にいる人たちに向けての警報合図です。遠くからでも良く見えます。

東日本震災直後より、鎌倉や宮崎の一部の海岸では、“海にいる人への避難の合図”
としてオレンジフラッグを海岸沿いに数箇所設置していますが、これはあくまでも“海にいる人”
への合図であり、街中の人へのものではありません。


   この方を支援する




UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の難民援助活動

特定非営利活動法人国連UNHCR協会

(c)UNHCR/B.Heger

難民の惨状を見て、何か援助したいと思ったことはありませんか。ひとりひとりの寄付が積み重なることで、ふるさとを追われた多くの難民の生活を支え、希望を与えることが出来ます。
難民の避難生活は平均すると十数年にも及びます。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は難民が我が家を追われた日からはじまる長い避難生活の間、水・食糧の配給から住居、健康管理そして教育にわたり支えつづけます。難民の家族が自立できるまで皆さまのご支援をお願いいたします。

皆さまのご支援でできること(一例)をご紹介いたします。

◆1600円で、厳しい避難生活でも温かい食事を取ることができる調理器具セット1家族分

◆3000円で、自然環境が厳しい中で必要不可欠な毛布を7枚

◆5000円で、難民の子どもたちが勉強ができる教科書を10冊

◆10000円で、毛布やビニールシートなどの緊急避難生活セット10家族分

======================================================================
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関です。
難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決に対して働きかけています。
1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、およそ120ヶ国
で援助活動を行なっています。この国連の難民援助活動を支えるため、広報・募金活動を
行なう公式支援窓口が、国連UNHCR協会です。 http://www.japanforunhcr.org/
======================================================================


   この方を支援する





 < 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  次へ > 

支援者はこちら

受援者(支援希望者)はこちら


新着情報
4/1 横浜FCメモラビリアサービス終了のお知らせ
5/31 車いすレーサーの廣道(ひろみち)純選手のスイスでのレース動画が公開されています。
4/2 NPO法人あっとオーティズム様が事務局を務めるライトイットアップブルー が開催されました
3/12 「いいね!」数が200に到達しました。
2/14 「いいね!募金」キャンペーン を開始
11/8 HOT HANDの受援者募集を開始
>>受援者の受付はこちら

 
HOT HANDからのお知らせ
12/28 誠に勝手ながら、2013年12月28日(土)17時~2013年1月5日(日)まですべての業務をお休みさせていただきます。お問い合わせ、寄付募集開始に関する各種お手続きは2014年1月6日(月)より順次開始致しますので、あらかじめご了承ください。
6/17 6月18日(火)NHK様おはよう日本での当サイトで募集されている廣道(ひろみち)プロジェクト放送が予定されています。アクセスが集中した場合、 サイト表示が遅くなる場合が御座いますので予めご了承ください。(尚、番組の構成等の都合で、延期される場合も御座います。予めご了承ください。)
3/21 決済方法「銀行振込」をご選択頂けるようになりました。
2/1 メンテナンスが完了致しました。
1/31 メンテナンスのお知らせ
12/19 トップページをリニューアル致しました。
12/15 スマートフォンから閲覧、寄付が行えるようになりました。

民奨民奨(民間奨学金)


ShaCa(ロトオークション)



このページの先頭へ

外部リンク

Copyright © Human Agent Corporation. All rights reserved. 【特許出願中】