< 前へ  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  次へ > 

*約束*

高橋 禎希

≪私たちの歩み。≫

思い起こせば、物心ついた時から一緒にキャッチボ-ルをしていた親子。
高橋家の生活は、自然に「野球」中心の毎日になっていました。
長男・禎希。二男・知輝も。そして長女・京佳までも野球キッズ。
父の教えは決して優しいものではなかったけど、泣きながらもくらいついた禎希で した。

震災前「禎希の球、受けると痛くて。」と言った主人。その顔には嬉しそうな笑 顔。
背番号『1』を目標に父と子、二人三脚で汗と涙の特訓劇がありました。

「この背番号、誰よりも主人に見せたかったな。」
禎希中学2年の春(震災から2か月後)涙を流しながら、背番号を縫い付けた事が 思い出されます。

禎希は、父の教えと自らの努力でチ-ムのエ-スになりました。 『1』の重み。チ-ムを背負った禎希は、心も体もずいぶん逞しくなったと思います。
こんな禎希を、主人はきっと空から笑顔で見守ってくれているはず。

父と息子が約束した『プロ』への道、努力することを教えてくれた父。
震災以降、父が帰って来なくなった今も、禎希は自分の夢に向かってがんばっています!
そして、そんなお兄ちゃんを、弟や妹も見ています。

夢を持ち、輝いている子供達。主人に出会えてこの子供たちに出会えたことに感謝です。

悲観することもありましたが、二人分の愛情と厳しさで、この子達の夢を叶えてあげたい。

私たち家族は今、前を向いて歩くのみ・・・どこまでも、3人の応援団長として追いかけ続けます!

                                    高橋禎希の母・高橋吏佳


   この方を支援する




ボランティア送迎費・現地活動費支援

三陸復興応援団きたかみ 松田正徳

「三陸復興応援団きたかみ」は、東日本大震災支援全国ネットJCN及び「北上市ボランティア連絡協議会」に所属する一般市民団体です。
「北上市ボランティア連絡協議会」及び「日本将棋連盟北上支部」と連携して、全国から北上へボランティアを集め、ボラバスしょうちゃん号・ボラカーミニしょうちゃん号で、週末日帰りで高田・大船渡・釜石・大槌へ派遣しています。現地での災害復興支援活動内容は、水路・家屋などで泥・ガレキ・ごみの撤去・運搬、イベント・農業・漁業・花壇のお手伝いなどをしています。
活動費枯渇によりバスのチャーター、花苗の購入などが困難になりました。しかし、現地では引き続きの支援を求めています。
ボラ・資材・資金の募集情報、活動報告は、以下を参照ください
「三陸復興応援団きたかみ」HP(ブログ) http://sanriku-ouendan.blog.so-net.ne.jp/
フェイスブック https://www.facebook.com/masanori.matsuda.397
 
支援いただきたいプロジェクトと概算費用
三陸花いっぱいプロジェクト、農林漁業支援プロジェクト、コンテナハウス・ソーラー街灯整備支援プロジェクト、復興イベント支援プロジェクトほか
{ボラ送迎費}
マイクロバス 3.5万円/日×3回/月×12月=126万円
レンタカー 1.5万円/日×2回/月×12月=36万円
{現地活動費}
花苗・苗木 100円×5000本=50万円 肥料・ポンプ・発電機・燃料=40万円
中古コンテナハウス 60万円×3棟=180万円
ソーラー街灯 15万円×8基=120万円
イベント 食材10万円×5回=50万円 資材借り上げ5万円×5回=25万円 グッズ製作15万円 講師招聘5万円×3回=15万円


   この方を支援する




特殊作業に対応する滞在型被災地支援と被災した子供たちの支援活動

特定非営利活動法人児童養護施設支援の会

※ 被災地支援活動 ※

震災直後3月15日から被災地支援活動を始め、現地に常駐する形で現在も支援活動を行っています。
流木や車両の撤去作業、半倒壊建物の清掃探索作業、重機やチェンソー等による一般ボランティアが対応不可能な危険重作業を中心に対応してきました。
活動地である東松島市行政とも連携して活動を行っています。
被災した全ての小中学校の清掃と管理(教育課)
各保育所の修繕(福祉課)
行政へ寄せられる外部企業などの支援希望者の現地コディネート(復興政策課)
避難所の解体や遺体安置所の清掃、救援物資の搬送作業等(市民協同課)その他。



※ 被災地児童の支援 ※

震災後4月より各避難所、行政機関の掲示板にポスターを貼り
「震災によって親を亡くした児童」の情報集めを開始し、当会独自に宮城県東松島市内の遺児の情報を収集して、現在も児童とその家庭の支援活動を継続しています。児童の日常生活の中で関わることを重視しています。(遺児を集めてのイベント等、外部への広報的な活動は行っていません)

1 
当会の被災地支援活動における活動費全般。

2 
震災遺児、孤児、被災地児童を支援し、東松島市野蒜地区に「小規模ファミリホーム型の児童養護施設」を建設するための建物建設費


(被災地支援活動を写真入りで掲載しています)
http://npojidou.sharepoint.com/Pages/saigai.aspx


   この方を支援する





 < 前へ  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  次へ > 

支援者はこちら

受援者(支援希望者)はこちら


新着情報
4/1 横浜FCメモラビリアサービス終了のお知らせ
5/31 車いすレーサーの廣道(ひろみち)純選手のスイスでのレース動画が公開されています。
4/2 NPO法人あっとオーティズム様が事務局を務めるライトイットアップブルー が開催されました
3/12 「いいね!」数が200に到達しました。
2/14 「いいね!募金」キャンペーン を開始
11/8 HOT HANDの受援者募集を開始
>>受援者の受付はこちら

 
HOT HANDからのお知らせ
12/28 誠に勝手ながら、2013年12月28日(土)17時~2013年1月5日(日)まですべての業務をお休みさせていただきます。お問い合わせ、寄付募集開始に関する各種お手続きは2014年1月6日(月)より順次開始致しますので、あらかじめご了承ください。
6/17 6月18日(火)NHK様おはよう日本での当サイトで募集されている廣道(ひろみち)プロジェクト放送が予定されています。アクセスが集中した場合、 サイト表示が遅くなる場合が御座いますので予めご了承ください。(尚、番組の構成等の都合で、延期される場合も御座います。予めご了承ください。)
3/21 決済方法「銀行振込」をご選択頂けるようになりました。
2/1 メンテナンスが完了致しました。
1/31 メンテナンスのお知らせ
12/19 トップページをリニューアル致しました。
12/15 スマートフォンから閲覧、寄付が行えるようになりました。

民奨民奨(民間奨学金)


ShaCa(ロトオークション)



このページの先頭へ

外部リンク

Copyright © Human Agent Corporation. All rights reserved. 【特許出願中】