民奨に関するよくあるご質問(FAQ)

奨学金の申込
本奨学金は、給付型であるため返済が不要な奨学金です。金額は、奨学金の非課税最大額となる110万円(給付型)が最大となります。
入学前採用(予約採用)、在学中採用にそれぞれ各種条件がございます。詳しくは各応募要項をご覧ください。
民奨では、ご本人及び、保護者からのいずれのケースでもご応募を受付致しております。尚、重複応募は行えませんので、ご注意ください。重複応募が行われている場合には、採用後であっても、採用を取り消しさせて頂く場合が御座いますので、ご注意ください。
民奨は、専門学校もお申込み対象となります。 なお、進学予定/在籍中の専門学校が無認可校(文部科学省が認可していない学校)の場合は、 民奨の奨学金にお申込みいただく事が出来ませんので、事前に認可されている 学校である事をご確認の程、よろしくお願い申し上げます。 ※一般的に専門学校のほとんどは文部科学省の認可を受けています。

進学予定/在籍中の専門学校が認可されている学校かにつきましては、 以下の文部科学省のホームページ内でご確認頂く事が出来ますので、 お手数をお掛け致しますが、事前のご確認をお願い申し上げます。
対象となる教育機関の一覧 (文部科学省)
姉妹二人でのご応募は可能でございます。 お申込書はお一人様ずつご記入頂く必要がございますが、 住民票と所得証明書につきましては一通で問題ございません。 (※)ご応募の際にお二方のお申込書を同じ封筒に同封頂きまして、 その中に住民票と所得証明書を一通同封頂けます様お願い申し上げます。
所得に関しましては、給与・年金所得に加え、営業所得等がある場合は 給与・年金所得に加算し700万円未満の場合はお申込み対象となります。
民奨では、原則、休学中、留学中の方はお申込みいただく事はできません。 復学後にご応募をして頂きます様、お願い申し上げます。
民奨は経済的理由で修学が困難な学生に対して、安心して学んで貰うために学費を「給付」するサービスとさせて頂いておりますので、大変恐れ入りますが、社会人の方からのご応募はお受付しておりません。
収入・所得の700万円未満というのはひとつの目安となります。 民奨では、ご家庭の収入金額も選考対象とさせて頂いておりますが、審査においては学生が将来何を実現したいのか、そのために何を学びたいのかという 学生の情熱に重きを置いた選考を行いますので、その趣旨をご理解のうえ、ご応募を頂けますと幸いです。 なお、ご家庭の収入が基準以下であっても、確実に採用される訳ではなく、 ご家庭の家計状況も参考とさせて頂きますが、最終的には、 本人の学習意欲により、奨学生の決定を行わせて頂いております。
「予約採用」、「在学採用」のどちらでもお申込み頂けます。入学前で「予約採用」でお申し込みされた場合は、応募時点で在学証明書の取得が出来ないため、入学後に在学証明書を取得頂き、ご送付頂く必要があります。入学後に「在学採用」にお申込み頂いた場合は、応募書類と合わせて在学証明書もご提出頂けるため書類郵送が1回で済みます。
収入証明書について
年金受給中の方は、以下のいずれかの書類をご提出ください。
・ 年金改正決定通知書のコピー
・ 年金の源泉徴収票のコピー
応募書類について
特別な家庭事情の証明書については、申請時にご提出頂く事で、 奨学生選考における家計に対して一定の控除が受けられる場合があります。 以下に該当する項目がある場合のみご提出ください。

・母子家庭・・・児童扶養手当証書
・心身障害者がいる場合・・・身体障害者手帳・養育手帳・被爆者手帳のコピー
・単身赴任等で別居の場合・・・単身赴任に係る領収書
・長期療養者(6カ月以上)・・・医療費の領収書および診断書
・熊本地震、東日本大震災等で被災した場合・・・被災(罹災)証明書
・生活保護・・・生活保護受給証明書

※出願時に提出がない場合は控除対象外となりますので、ご注意ください。

採用方法、審査について
お送り頂く志望動機等を基に、採用が決定します。重要な点となりますので、具体的な志望動機を正確に記載しお送りください。
エンジェルとは、皆様の志望動機を閲覧後、奨学金の支援をおこなっていただける方の当サービス内での呼称です。エンジェルの支援方法は、大きく2種類あり、個別に志望動機を選んで、特定の方への支援金額を決定いただくケースと、支援金額のみ決定し、その採用を当事務局にお任せ頂く形式がございます。
様々なケースが想定されます。志望動機が一番重要な点である事に変わりはありませんが、その他の可能性として、同郷、母校からの採用や、目指している志望校からや、同じような境遇等で採用を行われるケースが想定されます。事実に基づいた内容で、正確に志望動機を記載ください。
当サービスは、公的な奨学金とは異なり、エンジェルのお気持ち、独自の判断で行われる民間の「えこひいき型」奨学金制度であるため公平性等は一切担保されておりません。
奨学金の受け取り
予約採用、在学採用のいずれの場合も採用決定後、ご指定の口座へお振込みを行わせて頂きます。奨学金を必要とする本人名義の指定口座へのお振込みを原則としております。(奨学生と氏名の異なる口座、保護者名義の口座へのお振込みは原則おこなえません。)
お振込み時期については、次項の「奨学金のお振込み時期について」をご確認ください。
各募集期間が設定されている応募要領に記載の期日にお振込みを行わせていただきます。お振込みは原則として年1回です。詳しくは、各応募要項をご確認ください。
(例) 原則として、募集受付期間 2017年1月1日~2017年12月31日に集まった支援金は2018年4月頃のお振込みとなります。(※)その他の時期に振込みが行われる場合は、民奨トップページ等でお知らせ致します。
民奨では、エンジェル(支援者)が皆様の志望動機を閲覧後、奨学金の支援を行うサービス形態となります。エンジェルの支援方法は、大きく2種類あり、個別に志望動機を選んで、特定の方への支援金額を決定いただくケースと、支援金額のみ決定し、その採用を当事務局にお任せ頂く形式がございます。 そのため、給付金額は、奨学生毎に異なる金額となります。また、民奨は前述した通り、皆様からの善意で成り立つサービスのため、必ずしも給付が保証されるものではございません。

民奨奨学金ご応募受付開始

民奨では、「2018年【第5期生】奨学生のご応募の受付を開始いたしました。

ご応募はこちら

民奨奨学金への応募

よくあるご質問

民奨のサービス