1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ > 

ハリケーン ハーベイ被災

下迫大亮

2017年8月26日より米国史上最大規模のハリケーンハーベイがヒューストンを中心とした
テキサス南部地域を直撃しました。最終的には米国本土において史上最大の規模の被害を
出し、千年に1度という規模のハリケーンとなりました。私たち家族はヒューストン郊外に居住し8月28日午後8時にNational Guardのボートで助け出されました。大雨の中、私は右手に8歳の娘、左手には猫。妻は1歳の息子を左脇に抱えて救助されました。
被災後は親切なボランティアの方や仕事の同僚などに支えられて何とか現在はマンスリーアパートで再スタートしていますが、自宅は浸水し半壊とまではいかないもののほぼ100%の家具は廃棄処分、又洋服や子供の勉強道具、学校に行くかばんなど小物類はほぼ全て廃棄せざるをえませんでした。建物についても壁及び床を取り除き、キッチンのアッパーキャビネット以外は残念ながら全壊となりました。
被災と被災後の活動は地元日系新聞のサクラ新聞でも記事にして頂きました。

サクラ新聞283号2017年9月16日号
http://www.iii-media.net/SAKURA/issue/vol283/index.html


子供たちとの思い出などのつまった物をひとつひとつ廃棄していく作業は悲しく寂しい作業
でした。
幸い洪水保険に入っていたため、建物についてはある程度の補助が出るもののこの被害規模
から鑑みても、多くは期待出来ない状況です。またその他の家具などのものについてはほぼ保障されません。現在のヒューストンの被災者の状況からすると実際に自宅に戻れるのか分からない状況です。
たとえ少額でも皆さまの暖かいご支援を頂けますと家族の社会復帰に使用させて頂きたく
思います。
宜しくお願い致します。


   この方を支援する




子供の為に…

津曲美由紀

私には、7人子供がいます。もちろん実の子供です。
一人で7人の子供を育てていますが、一人では収入にも限界があり、子供が「なんで、こんなに貧乏なの?」と言うくらい、厳しい状況です。市営住宅に住んでいますが、家賃が払えず滞納しています。市役所の方から、出ていってもらうしかないと言われ、社会福祉協議会に相談に行ったら、「返せる見込みがないから、お金は貸せない」と言われ、生活保護の申請に行ったら、働けるなら、無理だと言われ、世間の厳しさを痛感し、どうしていいか分かりません。まだ一番下の子供は3歳で、てがかかりパートでしか働く事もできません。実家に帰る事も考えましたが、実家には弟夫婦がいて、私達が帰れるスペースがありません。子供達を施設へ預けたらと言う人もいますが、子供達と離ればなれになるなんて、そんな事できません。消費者金融、銀行にも相談に行きましたが、駄目でした。子供達とこの家で過ごせるよう、家賃の分(25000円×3)だけでも助けて頂けないでしょうか。子供達と笑って一緒に過ごしたいです。子供達も一人ずつ自立していきます。精一杯がんばっていきます。
どうか、宜しくお願いします!


   この方を支援する




緊急! 活動継続のためにご支援ください!

全国障害学生支援センター 殿岡 翼

当センターは活動開始から19年目に入りました。『大学案内2014障害者版』は多くの受験生や学校関係者など幅広く活用いただいており、おかげさまで完売となりました。2016年4月からの障害者差別解消法の施行に伴い、大学においても学生の個別のニーズに合わせた支援が求められるようになりました。学生と大学双方の支援を行うことのできる当センターの役割が、ますます大きくなるものと確信しています。日々寄せられる相談をきっかけにして会員になってくださる方も増えています。 
2017年5月31日から「大学における障害学生の受け入れ状況に関する調査』を実施し、来秋の新刊『大学案内障碍者版」発効に向けて邁進しています。 
 当センターは国や自治体などの公的機関からの援助はなく、共同募金などの助成金や会費・寄付で、事務所の家賃や光熱費、機関誌の作成、相談や広報のための交通費など、活動に最低限必要な経費を捻出しています。とくに新刊の発行まで書籍の売り上げが得られない今年度から来年度にかけて、財政的に危機に瀕しています。新刊を待ち望む受験生や、学生生活で困難を抱えて支援を求めてくる学生の方のためにも、何としても活動を継続させていかなければなりません。しかしこのままでは活動を継続していくのは非常に厳しい状況です。新刊の大学案内も発行することができません。皆様からのご協力をぜひよろしくお願い申し上げます。また是非お知り合いの方などにも寄付や賛助会員として活動支援にご協力いただけるようお声掛けください。また募金箱を設置くださるお店なども募集しています。


   この方を支援する





 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ > 

支援者はこちら

受援者(支援希望者)はこちら


新着情報
4/1 横浜FCメモラビリアサービス終了のお知らせ
5/31 車いすレーサーの廣道(ひろみち)純選手のスイスでのレース動画が公開されています。
4/2 NPO法人あっとオーティズム様が事務局を務めるライトイットアップブルー が開催されました
3/12 「いいね!」数が200に到達しました。
2/14 「いいね!募金」キャンペーン を開始
11/8 HOT HANDの受援者募集を開始
>>受援者の受付はこちら

 
HOT HANDからのお知らせ
12/28 誠に勝手ながら、2013年12月28日(土)17時~2013年1月5日(日)まですべての業務をお休みさせていただきます。お問い合わせ、寄付募集開始に関する各種お手続きは2014年1月6日(月)より順次開始致しますので、あらかじめご了承ください。
6/17 6月18日(火)NHK様おはよう日本での当サイトで募集されている廣道(ひろみち)プロジェクト放送が予定されています。アクセスが集中した場合、 サイト表示が遅くなる場合が御座いますので予めご了承ください。(尚、番組の構成等の都合で、延期される場合も御座います。予めご了承ください。)
3/21 決済方法「銀行振込」をご選択頂けるようになりました。
2/1 メンテナンスが完了致しました。
1/31 メンテナンスのお知らせ
12/19 トップページをリニューアル致しました。
12/15 スマートフォンから閲覧、寄付が行えるようになりました。

民奨民奨(民間奨学金)


ShaCa(ロトオークション)



このページの先頭へ

外部リンク

Copyright © Human Agent Corporation. All rights reserved. 【特許出願中】