、、エンジェルの方に、安心してご利用

民奨に関するよくあるご質問(FAQ)

応募に関するご質問
本奨学金は、給付型であるため返済が不要な奨学金です。金額は、奨学金の非課税最大額となる110万円(給付型)が最大となります。
※4年間の総給付額は440万円(最大)/4年生大学の場合
入学前採用(予約採用)、在学中採用にそれぞれ各種条件がございます。詳しくは各応募要項をご覧ください。
民奨では、ご本人及び、保護者からのいずれのケースでもご応募を受付致しております。尚、重複応募は行えませんので、ご注意ください。重複応募が行われている場合には、採用後であっても、採用を取り消しさせて頂く場合が御座いますので、ご注意ください。
民奨は、専門学校もお申込み対象となります。 なお、進学予定/在籍中の専門学校が無認可校(文部科学省が認可していない学校)の場合は、 民奨の奨学金にお申込みいただく事が出来ませんので、事前に認可されている 学校である事をご確認の上、お申込みください。 ※一般的に専門学校のほとんどは文部科学省の認可を受けています。

進学予定/在籍中の専門学校が認可されている学校かにつきましては、 以下の文部科学省のホームページ内でご確認頂く事が可能です。 必ず、事前のご確認をお願い致します。
対象となる教育機関の一覧 (文部科学省HPへ遷移します)
可能です。世帯当たりの申込上限等もございません。お申込書をお一人様ずつ、ぞれぞれご記入/ご提出ください。
民奨では、原則、休学中、留学中の方はお申込みいただく事はできません。 ご希望の場合は、必ず復学後にお申込を行って頂きますようお願い致します。
浪人中の方もご応募可能です。
予約採用よりご応募ください。
民奨は経済的理由で修学が困難な学生に対して、安心して学んで貰うために学費を「給付」するサービスとさせて頂いておりますので、社会人の方からのご応募は受付しておりません。
収入・所得の700万円未満というのはひとつの目安となります。 民奨では、ご家庭の収入金額も選考対象とさせて頂いておりますが、審査においては学生が将来何を実現したいのか、そのために何を学びたいのかという 学生の情熱に重きを置いた選考を行いますので、その趣旨をご理解のうえ、ご応募を頂けますと幸いです。 なお、ご家庭の収入が基準以下であっても、確実に採用される訳ではなく、 ご家庭の家計状況も参考とさせて頂きますが、最終的には、 本人の学習意欲により、奨学生の決定を行わせて頂いております。
はい、ご応募可能です。入学前のため、「予約採用」からご応募をご検討ください。なお、入学前で「予約採用」でお申し込みされた場合は、ご応募時点で在学証明書の取得が出来ないため、ご入学後に在学証明書を取得頂き、ご提出(ご送付)頂く必要があります。
「予約採用」、「在学採用」のどちらでもお申込み頂けます。入学前で「予約採用」でお申し込みされた場合は、応募時点で在学証明書の取得が出来ないため、入学後に在学証明書を取得頂き、ご送付頂く必要があります。入学後に「在学採用」にお申込み頂いた場合は、応募書類と合わせて在学証明書もご提出頂けるため書類郵送が1回で行えます。
当サービスのご利用には検定料(3,300円/税込)が必要です。
(※無償サービスではありません。)
皆様からの検定料は、サービスの運用にかかる費用の一部に充てさせて頂いております。

サービスの内容としては、ご応募いただいた内容の確認、応募動機や学業への意欲などの検定を行う事をはじめとし、ご提出頂く書類などを通じ、 在学している証明や進学予定の学校の証明、所得証明や住民票、口座情報などでの本人確認を実施し、また、これらを人を介さない自動の形ではなく、エンジェルの方々への「安心感」を目的とし、全て目視や手作業にて人が行い、 「実在する」学ぶ意欲のある学生へ【 エンジェルの方に安心して支援して頂ける環境 】を民奨ではご提供しております。

これに関連し、検定に合格した奨学生の手書き内容の読み込みを含め、関わる情報の「民奨のウェブサービス内」への公開や更新作業を含めた、 当該ウェブサービスの安定した運用や管理、サポート窓口の設置、各種お問合せへのサポート業務ついてもご提供しております。

また、当サービスは民間の「えこひいき型」サービスとなりますため、一部の公共のサービスなどとは異なり、所謂「公平性」は存在致しません。
安心してエンジェルの方がご自身の意思で選んだ学生へ支援して頂く、これまでなかった新しい「えこひいき型」で、支援を募る仕組みを特長としております。

これらをご理解頂いた上でのご利用をお願い致します。

※当サービスのご利用は必須ではありません。希望される方がその利用の是非を自由に選択頂ける任意のサービスです。

< 注1 >
・「民奨」のサービスの提供方法、一例として、民間の「えこひいき型」や、検定料などを含めたこれらの仕組みにご納得頂けない場合には、ご利用をお控えください。
・支援を募る手段として、「民奨」内外の、どのようなサービスやツールなどをどのように利用するかを含め、個々の判断で自由な選択を行ってください。

< 注2 >
・「民奨」の外部で支援を募る方に、各書類の提出などを通じた実在するか否かを含めた本人確認のみを「民奨」で行う事はなく、「民奨」の外部で独自に支援を募る行為に当社が一切の協力や関与を行う事はありません。
「民奨」の外部で書き込まれている支援募集の記載内容の信憑性や、実在する人物であるかなど、本人確認を目的とした「住民票」などの各書類の提出確認、「在学証明書」や「所得証明書」などの各証明書の確認や、「支援先の口座情報」などが本人であることなど、各情報の確認などについても同様です。「民奨」の外部で独自に支援を募る方へ、当社が一切の協力や関与を行う事はありません。

※「民間奨学金」及び、「民奨」は、当社の登録商標です。当社商標を無断使用する事のないようご注意ください。「民間奨学金」や「民奨」などの当社商標の使用を当社サービス外で許諾する事はありません。当社サービスの関係サービスを名乗る記述や、当社サービスにて本人確認済などを謳う記述、これらを記述している「民奨」外部の独自の支援募集内容などは、当社及び当社サービスとは一切関係ありません。

可能です。
個々の学生により学部や学費も異なり、必要な金額も様々なため、民奨では、給付型、貸与型(教育ローン)を問わず、他の奨学金制度の併用に一切の制限を設けておりませんのでご安心ください。
また、他の奨学金制度を併用する場合でも、他の奨学金などで見かけることのある「通知義務」なども民奨には御座いません。

※貸与型を併用する場合については、後の返済でお困りになる事のないよう、しっかりとした計画を立てた上で、必要に応じてご検討ください。
※注:貸与型の場合、社会人となった後の返済期間中、事故や健康に問題が生じ働けなくなった場合や、経済危機などで経済事情が生じ、一定期間、返済に滞りが発生した場合、完済までの期間の数十年(例:15年)に加え、完済後さらに数年(例:5年間)、住宅購入資金などの他のローンや借り入れなどが行えなくなるケースなどが報じられております。
(上の例は、卒業後23歳で返済を開始、返済予定期間15年、途中に一定期間、返済に滞りが発生した場合で、完済後5年で借入可能となった場合、合計約20年となり、43歳まで、借入が行えない状態の注意例。借り入れ金額、毎月の返済金額により期間は異なります。)
収入証明書について
年金受給中の方は、以下のいずれかの書類をご提出ください。
・ 年金改正決定通知書のコピー
・ 年金の源泉徴収票のコピー

※書類選考通過者のみご提出(ステップ1ご応募時にはご提出は不要)
応募書類について
ご自宅にパソコンおよび印刷する環境がない場合は、学校、図書館、自治体等でご利用頂けるパソコンをお使い頂き、民奨の応募書類を印刷して頂きます様、お願い申し上げます。
現在、民奨事務局から応募書類を郵送するサービス等は行っておりませんので、大変お手数をお掛け致しますが、上記の通り、ご本人様で応募書類をご準備頂けます様、お願い申し上げます。
顔写真のサイズに規定はございません。
L判のお写真、証明書写真等で問題ございません。 お写真についてカラ―のものをご提出ください。
住民票はご応募頂いた学生のみご取得頂ければ問題ございません。
所得証明書は、主たる生計維持者(お父様またはお母様)のいずれかをご提出ください。
※家計支持者が給与所得者の場合は、勤務先発行の源泉徴収票のコピーのご提出でも問題ございません。 ※学生本人の所得証明書は不要です。

学生本人の通帳コピーをご提出ください。
※保護者ご応募の場合は、保護者の方の通帳コピーでも可です。 ※なお、通帳コピーは、口座名義(カタカナ)が分かるようコピーください。カタカナ表記が無い場合、銀行からお振込みする事が出来ません。

全ての皆様の書類確認を行うには、一定のお時間を要します。
ご発送後、その直後にマイページ内で「提出済」とはなりませんので、予めご了承ください。

尚、発送後、90日以上「未提出」となっている場合は、郵便物の未達や、配送途中の事故/紛失などの可能性も考えられますので、お問合せください。

※皆様の全ての書類を確認する作業が生じ、加えて、事務局内での必要承認作業もあるため、マイページ内で「提出済」と反映されるまでに、お時間を要します事を予めご了承ください。
※不備のある方へは、これらの確認作業完了後、一斉にご連絡させて頂いております。

注:
提出書類の発送を行われた直後に、「マイページ内で未提出のままとなっている」とのお問合せを頂くケースが御座いますが、発送直後には、マイページ内で「提出済」とはなりません。 発送頂きました各書類は、事務局で受領した後、それぞれの書類に不備がないかなど、「当該期」の全ての皆様からの発送物を確認できた後、不備のない方は、一斉に「提出済」へマイページ内の反映作業を行い、不備のある方へは、その際に一斉連絡を行っております。(書類に不備のない方も、マイページ内のステイタスが「提出済」へ変更されるまで、一定のお時間を要します。)

注:
新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 拡大防止対策/安全対策として、送付頂いた書類の開封は、LED滅菌ライトの照射処理を行った後、これに加え、一定期間保管後としております。開封が遅れます事を予めご了承ください。
封筒の「封緘(ふうかん)※1」時、必ず市販の「糊(のり)」をご使用いただき、封筒に付いた糊を使用した唾液での接着を避けてください。また、切手の貼り付けの際、裏面「糊」の使用時も、唾液などで張り付けを行わず、必ず水などを使用してください。感染拡大防止への取り組みへの皆様の深いご理解とご協力をお願い申し上げます。

 ※1:封筒をのり付けなどで閉じる作業

採用方法、審査について
お送り頂く志望動機等を基に、採用が決定します。重要な点となりますので、具体的な志望動機を正確に記載しお送りください。
エンジェルとは、皆様の志望動機を閲覧後、奨学金の支援をおこなっていただける方の当サービス内での呼称です。エンジェルの支援方法は、大きく2種類あり、個別に志望動機を選んで、特定の方への支援金額を決定いただくケースと、支援金額のみ決定し、その採用を当事務局にお任せ頂く形式がございます。
様々なケースが想定されます。志望動機が一番重要な点である事に変わりはありませんが、その他の可能性として、同郷、母校からの採用や、目指している志望校からや、同じような境遇等で採用を行われるケースが想定されます。事実に基づいた内容で、正確に志望動機を記載ください。
当サービスは、公的な奨学金とは異なり、個々のエンジェルの独自の目線での判断、同境遇の経験者のエンジェルの善意で行われる民間の「えこひいき型」奨学金制度(給付型、返済不要、最大110万/年)であるため、公平性等は一切担保されておりません。
応募締切日から1カ月程度で選考結果をご通知しております。(応募書類提出日から1カ月ではございません。)
書類選考後について
住民票/所得証明書/在学証明書をご提出頂けましたら、民奨運営事務局にて確認致しますが、個別に受領確認のご連絡は行っておりません。必要書類ご提出を以って民奨奨学生に正式採用となります。
ご提出書類に不備がありました際には、民奨運営事務局からご連絡致します。 ※予約採用の方は、在学証明書はご入学後にご提出ください。
奨学生について
民奨の奨学生資格は、学校卒業までの期間有効です。そのため、年次が変わってもお手続きを行って頂く必要はございません。
ご登録情報の変更について
電子メールアドレスの変更は、アドレスコードのマイページにログインした後、「ご登録メールアドレス変更」のフォームがございますので、そちらから電子メールアドレスの変更頂きます様、お願い申し上げます。
アドレスコードログイン画面
奨学金の受け取り
支援金は、奨学金を必要とする本人名義の指定銀行口座へのお振込みを原則としております。(奨学生と氏名の異なる口座、保護者名義の口座へのお振込みは原則行えません。)
お振込みの際の金融機関の振込手数料については、支援金から差し引いてお振込みを行わせて頂いております。 お振込み時期については、次項の「奨学金のお振込み時期について」をご確認ください。
各応募要領に記載の日程にお振込みを行わせていただいております。
お振込み日程の種類は「1)年1回(※)」の他に、「2)各募集要項に記載の日程」及び、「3)エンジェルの要望に沿った形でのお振込み日程」等、複数御座います。詳しくは、各応募要項をご確認ください。

※上の「1)」の年1回のお振込みは、募集受付期間 1月1日~12月31日に集まった支援金を集計し、翌年4月下旬頃のお振込みとなります。
※上の「1)」の年1回のお振込みは、エンジェルが利用する決済方法/クレジット会社により、締日がそれぞれ異なる事に加え、当事務局への着金が締日起算で翌々月となるケースが御座いますので、集計に漏れが生じないよう、年末締め、翌年4月下旬頃の支給としております。
民奨では、エンジェル(支援者)が皆様の志望動機を閲覧後、奨学金の支援を行うサービス形態となります。エンジェルの支援方法は、大きく2種類あり、個別に志望動機を選んで、特定の方への支援金額を決定いただくケースと、支援金額のみ決定し、その採用を当事務局にお任せ頂く形式がございます。 そのため、給付金額は、奨学生毎に異なる金額となります。また、民奨は前述した通り、皆様からの善意で成り立つサービスのため、必ずしも給付が保証されるものではございません。
民奨では、エンジェルからご支援があった奨学生に対して、4月下旬までにお振込通知をメールにてご送信させて頂いております。一方で、エンジェルからのご支援がない場合は、ご連絡は行っておりませんので、ご了承の程、よろしくお願い致します。

なお、事前のご支援予定金額およびご支援有無につきましてもご案内しておりませんので、ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。
支援を集める
ご自身でも、平行して独自に支援を集める行為について、制限は御座いません。
奨学生の中には、ご自身のソーシャルネット等で「民奨」にて支援を募集している旨、積極的に呼び掛けている学生の方もおいでになります。

「民奨」では、支援の募集開始の際、本人確認/身元確認、審査が行われており、加えて、提出書類(所得証明、在学証明など)での支援の必要性に関する確認が行われております。
学生の方が、独自にSNSなどで支援を広く求める場合も、その信憑性に疑義を持たれることなく、エンジェルの方に、一定の安心材料/判断材料としてご覧いただき、安心して支援していただきやすい仕組みとしてご活用ください。

民奨奨学金ご応募受付開始

民奨では、「2021年【第23期生】奨学生のご応募の受付を開始いたしました。

ご応募はこちら

メールが届かない方はこちら