民奨は民間ならではの学費支援サービス

民奨は、民間ならではの新しい「えこひいき型」の学生への応援・支援サービスです。
これまでの一般的な奨学金制度とは異なり、「個人」の支援者をはじめ、「企業や団体」の支援者が、ご自身で支援したい学生を選んで頂くことが出来、自らの目でお選び頂いた学生へ、直接支援を行える、これまで無かった新しい仕組みです。(民奨では、ご支援頂ける個人、企業、団体の皆様を「エンジェル」と呼称しています。)
支援する学生の選択は、エンジェルの方の独自の基準「えこひいき型」で行って頂き、例えば、似た境遇で苦戦している方、ご自身の出身校の後輩、同郷者、将来の夢などのケースもあれば、それぞれの学生が手書きした志望動機をご覧になり「気に入った!」等の理由で結構です。
有難い貴重なご縁で、「民奨」をご覧いただけております「エンジェル」の皆様からの温かいご支援、ご検討の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。




ご支援総額の10%の運営事務手数料を差し引いた金額が、奨学生へ直接支払われます。

ご支援の方法はお選び頂けます

学生指定支援
出身地が同じ学生、あるいは母校の学生を応援したい人は、奨学生の公開情報を確認して該当する奨学生を見つける事が出来ます。支援する奨学生を見つけたら、ご自身の支援可能な範囲でご支援ください。
※学生詳細情報を閲覧したご支援には会員登録(利用料がかかります)が必要です。利用料は奨学生への給付および民奨の運営に活用致します。

民奨への支援
とにかく学生を応援したい!(支援金の使い道はお任せしたい)、同郷の学生を応援したい!出身大学の学生へ支援したい!というご支援者の方は、ご支援の使途をお伝え頂き、民奨へご支援金をお振込みください。お預かり致した支援金は、責任を持って民奨事務局が対象奨学生に給付(割り当て)致します。

奨学生の採用について

民奨ではご応募があった全学生の書類をもとに奨学生を選出します。経済的な理由で進学が出来ないという理由はもとより、民奨では、学生が将来何を実現したいのか、そのために何を学びたいのかという、学生の情熱に重きを置いた選考を行います。

民奨奨学金ご応募受付開始

民奨では、「2021年【第23期生】奨学生のご応募の受付を開始いたしました。

ご応募はこちら

メールが届かない方はこちら